認知症の早期発見、早期治療の重要性

2015年5月16日

認知症の早期発見、早期治療といっても、これだけ、日常生活できるし、きっと本人は勘違いしているのでは、と思ってほっておく事例など認知症で診断されたときにおおい事例ではないでしょうか?

身近な人の変化にすぐ対応できないし、その事実を受け止める余裕もないのです。

本当に辛くなるまえに、お医者様や相談できる人とネットワークを作ることが大切ですね。

今回は、大山のぶ代さんの例ですが、お金持ちや貧乏は関係なく、性別や住んでいる場所などもあまり関係なく平等に降りかかってくる問題です。あなたは、どう対策していますか?

「認知症隠すのつらかった」 大山のぶ代さんの夫が心境語る

「ドラえもん」の声で知られる声優、大山のぶ代さん(81)の夫で俳優の砂川啓介さん(78)が15日、東京都内で取材に応じ、大山さんの認知症をラジオで公表したことについて「言いたくなかったが、隠すのがつらくなってきた」と心境を明かした。

砂川さんによると、大山さんは2年ほど前に認知症と診断された。大山さんは平成20年に脳梗塞を患っており、その後遺症と認知症の症状が似ていることから「もっと前に症状が出ていたのではと思うが、信じたくない、そんなことないだろうという感覚が強かった。気づくのが遅かった」と話した。

また、自身も2年前に初期の胃がんの切除手術を受けていたことを明らかにした。